メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

物は語る

原爆資料館寄贈資料から 制服きれいなまま 10日後父発見 作業中の妹、今も不明 姉「思い出話したい」 /広島

父の秀一さんが見つけた石崎睦子さんの制服。名札や校章がきれいに残っていた=広島市中区の原爆資料館で、山田尚弘撮影

 1945年8月5日、日曜日の空は晴れていた。県立広島第一高等女学校(県女、現皆実高)1年4組の石崎睦子さん(当時12歳)は、同級生2人と舟入川口町(現中区)の自宅で勉強をした後、住吉川で遠泳の練習をしていた。睦子さんが書いた日記が原爆資料館東館に展示されている。

 「午後 小西さんと泳ぎに行った。私はちっともよう泳がないのに、皆んなよく浮くなと思ふとなさけなかった。今日は大へんよい日でした。これからも一日一善と言ふことをまもらうと思う」(原文ママ)

 一つ年上の姉、植田〓子(のりこ)さん(85)=東区=とは学校が同じだったこともあり、仲が良かった。…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1172文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです