メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外白鵬が秋場所V 幕内通算1000勝
物は語る

原爆資料館寄贈資料から 制服きれいなまま 10日後父発見 作業中の妹、今も不明 姉「思い出話したい」 /広島

父の秀一さんが見つけた石崎睦子さんの制服。名札や校章がきれいに残っていた=広島市中区の原爆資料館で、山田尚弘撮影

 1945年8月5日、日曜日の空は晴れていた。県立広島第一高等女学校(県女、現皆実高)1年4組の石崎睦子さん(当時12歳)は、同級生2人と舟入川口町(現中区)の自宅で勉強をした後、住吉川で遠泳の練習をしていた。睦子さんが書いた日記が原爆資料館東館に展示されている。

 「午後 小西さんと泳ぎに行った。私はちっともよう泳がないのに、皆んなよく浮くなと思ふとなさけなかった。今日は大へんよい日でした。これからも一日一善と言ふことをまもらうと思う」(原文ママ)

 一つ年上の姉、植田〓子(のりこ)さん(85)=東区=とは学校が同じだったこともあり、仲が良かった。…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1172文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  3. 食品衛生法違反 食中毒出し営業続行 容疑の料理店、書類送検 小牧署 /愛知
  4. 交通事故 青森の国道で車4台衝突 3人死亡、5人けが
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです