メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

考・皇室

社会を映す/10止 「国民統合」幅広く 「故郷ない」日系人 交流を通じ支持

 日本人のブラジル移住100周年にあたる2008年の4月7日、天皇、皇后両陛下は、日系ブラジル人が多く住む群馬県太田市と大泉町を訪問された。在日ブラジル人を支援するNPO法人理事長で、日系1世の高野祥子さん(71)と、次女で翻訳家の西本真理香さん(49)=ともに大泉町=は、沿道から両陛下が乗った車に向かい、日伯(ブラジル)両国の旗を振った。

 その約半世紀前、小学生だった高野さんは、父に連れられ、何度か新年の一般参賀に行った。皇居正門(二重…

この記事は有料記事です。

残り2215文字(全文2436文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです