メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“世界一おいしい日本酒”決定 中田英寿がプレゼンターに

「SAKE COMPETITION 2017」表彰式の様子

 “世界一おいしい日本酒”を決めるコンペティション「SAKE COMPETITION(サケ コンペティション) 2017」の表彰式が5日、東京都内で行われた。同コンペは今年で6回目で、「吟醸部門」「純米酒部門」「純米吟醸部門」など全7部門からそれぞれ1位となった日本酒を表彰した。この日は、今年から同コンペティションの実行委員を務めている元サッカー日本代表の中田英寿さん、作家でタレントのいとうせいこうさん、女優の平山あやさん、モデルの谷まりあさんらがゲストプレゼンターとして登場した。

 同コンペティションは、「SAKE COMPETITION実?委員会」が主催。今年は「吟醸部門」「純米酒部門」「純米吟醸部門」「純米大吟醸部門」「Super Premium部門」の5部門に加え、中田さんが発案した、ラベルのデザインのみを審査する「ラベルデザイン部門」と、発泡の清酒の「発泡清酒部門」の2部門が新設された。全国453蔵(うち海外出品8蔵)の酒蔵から、1730点(うち海外出品22点)の日本酒が出品された。

 自身がゲストプレゼンターを務めた「Super Premium部門」の1位に、山梨県北杜市の「七賢 純米大吟醸 大中屋 斗瓶囲い」(山梨銘醸)が選ばれたことに、中田さんは「同じ山梨県人として、誇らしいと思いましたね」と喜んでいた。

 各部門の1位は以下の通り。

 吟醸部門:茨城県筑西市「来福 大吟醸 雫」(来福酒造)▽純米酒部門:三重県鈴鹿市「作 穂乃智」(清水清三郎商店)▽純米吟醸部門:高知県芸西村「土佐しらぎく 純米吟醸 山田錦」(仙頭酒造場)▽純米大吟醸部門:静岡県掛川市「開運 純米大吟醸」(土井酒造場)▽Super Premium部門:山梨県北杜市「七賢 純米大吟醸 大中屋 斗瓶囲い」(山梨銘醸)▽ラベルデザイン部門:新潟県新潟市「越後鶴亀 越王 純米大吟醸」(越後鶴亀)▽発泡清酒部門:岩手県二戸市「南部美人 あわさけ スパークリング」(南部美人)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今週の豆腐プロレス 第23話 松井珠理奈の攻撃で宮脇咲良が失神! 決勝戦は波乱の幕開け
  2. 選挙 横須賀市長選 候補者の横顔 /神奈川
  3. ’17都議選 小池氏支持、都民フ連動 豊洲移転「評価」55% 毎日新聞世論調査
  4. 小泉進次郎氏 ポスト安倍質問に「失敗したら潰される」
  5. 横須賀市長選 上地克明氏が初当選 小泉進次郎氏推す新人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]