メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱重工業

これが最新鋭ステルス戦闘機「F35A」

関係者と報道陣に公開されたF35Aの国内生産初号機=愛知県豊山町の三菱重工業小牧南工場で2017年6月5日、兵藤公治撮影

国内生産初号機が完成、愛知の小牧南工場で公開

 最新鋭ステルス戦闘機F35Aの国内生産初号機が完成し5日、愛知県豊山町の三菱重工業小牧南工場で日米の関係者に公開された。

     米ロッキード・マーチンなどが開発し、全長16メートル、最高速度マッハ1.6。政府はF4戦闘機の後継となる次期主力戦闘機として、42機の調達を決定しており、4号機までは米国の工場で既に完成した。残りは小牧南工場が部品を輸入して組み立てる。今年度中にさらに1機が完成する。初号機の調達価格は1機140億円。今後、レーダーやエンジンの関係部品を三菱電機、IHIから調達する。

     式典には日米両政府関係者、米軍、航空自衛隊幹部ら計約300人が出席。屋外に引き出された機体の前で、両国の共同プロジェクトによる完成を祝った。

     初号機は飛行テストを経て米国へ空輸され、飛行性能の確認や訓練の後、空自三沢基地(青森県)に配備される。【山田一晶】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
    2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
    3. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
    4. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
    5. ルックバック平成・中部写真記者の足跡 平成5年、25年・式年遷宮 闇の中撮影、機材の進歩反映 /愛知

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです