メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

享保年間の江戸で…

 享(きょう)保(ほう)年間の江戸で初めてオランダのビールを飲んだ人が書いている。「ことのほか悪(あ)しき物にて、何のあじわいもない」。つまりは飲んだらひどかったというのである▲それが明治には「苦い」ながら飲む人が増えたのは、学ぶべき西欧文明の味だったからだろう。今も初めてのビールに享保の人と似た感想をもつ人はいようが、その苦さがうまさに変わるのが大人のしるしと教えられた一昔前だった▲そんな過去を思えば、若者のビール離れの原因が「苦いから」というのが何ともミもフタもなく聞こえる。ビールのうまさを知ってほしいというのもおせっかいといわれる昨今だが、そのさなか値段まで上がるビールへの逆風である▲各地でビアガーデンのオープンが伝えられる6月である。だが月初めからスーパーの店頭ではビール類が1割ほど値上がりした。量販店などの過剰な安売りを防ぐという酒税法改正のためで、飲食店のビール価格にも影響が出ている▲値上がりの苦みも加わったビール消費の行方には暗雲漂うが、実は酒税法ではビールの定義の変更も決めている。こちらは来年春から原料に果実や香辛料が使えるようになる。メーカーが新たな味に活路を求めるのは成り行きだろう▲ユズ、コショウ、ゴマ、バジル、ハチミツ味などは驚くにあたるまい。茶、昆布、ワカメ、カツオ節味も登場しそうなこの先のビールだという。若者にうけるかどうかは知らないが、これならば享保の江戸っ子も「あじわいあり」といいそうである。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
    3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
    5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです