メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「道徳」どうあるべきか

押谷由夫・武庫川女子大教授

 「教科外の活動」という位置付けで成績評価の対象外だった「道徳」が小学校で2018年度から、中学校で19年度から正式な教科として全面実施される。小学校の検定教科書も発表された。学校現場には「どう教え、どう評価すればいいのか」との戸惑いが残る。「道徳」はどんな教科であるべきなのだろうか。

幸せになる人格育成こそ目的 押谷由夫・武庫川女子大教授

 「道徳」と聞くと多くの人が「どこかうさん臭い」と感じ、教える立場の教師たちさえも「どこか後ろめたい…

この記事は有料記事です。

残り4338文字(全文4558文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです