メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮の錬金術 暴かれる実態:サイバー攻撃で他国中央銀から巨額資金奪取 フロント企業駆使し不正な国際金融取引

平壌の金日成広場で行われた金日成主席の誕生105周年慶祝閲兵式を観覧する金正恩朝鮮労働党委員長=2017年4月15日、朝鮮中央通信=朝鮮通信

北朝鮮の錬金術 暴かれる実態

サイバー攻撃で他国中央銀から巨額資金奪取 フロント企業駆使し不正な国際金融取引

 核兵器や弾道ミサイルの開発を加速させる北朝鮮に対し、国際社会の懸念が日々高まる。国連安全保障理事会は繰り返し制裁決議を採択し、包囲網を狭める。だが、北朝鮮はフロント企業を利用した不正な国際金融取引や、他国の金融機関を標的にしたサイバー攻撃による資金奪取など錬金術を駆使し、包囲の網をくぐり抜ける。【ワシントン会川晴之、岩佐淳士】

この記事は有料記事です。

残り9647文字(全文9813文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン