メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉・銭湯ものがたり

あなたに愛を/中 「松の湯」=勝浦市 常連さんに支えられ /千葉

築100年以上とも言われる「松の湯」を守る宅田久枝さん。店をいつまで続けるか。葛藤しながら日々店を開けている=勝浦市勝浦で

老朽化でも「今年いっぱいは」

 勝浦市の名物「勝浦朝市」が開かれる通りからほど近い路地裏に、築100年以上ともいわれる木造2階建ての建物がある。銭湯「松の湯」だ。昔ながらの番台や木製のロッカー、古いマッサージチェアもあり、昭和レトロな雰囲気が漂う。県外から訪れるファンもいるが店主の宅田久枝さん(75)は今、心の葛藤を抱えている。設備の老朽化と自身の年齢を考えれば店を閉めるという選択もある。でも、常連客を思うとなかなか決断できない。

 松の湯は、久枝さんの亡夫尚徳さんの祖父庄太郎さんが1940年ごろに購入した。婿入りして2代目になっ…

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1332文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. WEB CARTOP 最近のAT車から「2」や「L」レンジがなくなった本当の理由とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです