メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 根津美術館(東京都港区) /東京

日本庭園を背景に所蔵作品が並ぶ根津美術館のホール。戸を開け放した日本家屋のようだ=東京都港区で

世俗から離れる和の空間

 流行の最先端の店舗が並ぶ東京・南青山の緩やかな下り坂の先に、和風家屋を思わせる大屋根が印象的な「根津美術館」がある。

 

 

 東武鉄道社長などを務めた実業家、根津嘉一郎(初代、1860~1940年)の遺志により、日本・東洋の古美術品コレクションを展示・保存するため、私邸跡に1941年開館。戦災で展示室などは焼失したものの、所蔵作品は疎開で無事だった。現在は寄贈作品なども加わり、江戸時代の絵師、尾形光琳の「燕子花図(かきつばたず)屏風(びょうぶ)」など国宝7点を含む約7400点に上る。

 趣の異なる展示室6室を備えた本館は、日本らしさを世界に発信しようと、建築家の隈研吾氏の設計で200…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです