メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
eye

インドネシア 庶民の足、アプリが変えた バイクタクシー、主婦も運転手

車やバイクで混み合うジャカルタ市内で、ゴジェックを利用する女性客(右から2人目)ら。緑色が目印のヘルメットやジャケットは街中いたるところで見られる=インドネシア・ジャカルタで2017年5月13日、和田大典撮影

 都市部で大渋滞が社会問題となっているインドネシア(人口約2・5億人)で、国内外の企業が提供するスマートフォン用のバイクタクシー配車アプリが急速に普及している。

 その一つが地元企業の「GO-JEK(ゴジェック)」だ。ojek(オジェック=インドネシア語でバイクタクシーの意)運転手と客を結ぶアプリで、人の送迎のみならず物の宅配や食品の配達などさまざまな利用が可能だ。主要都市で運用し、運転手の登録数は20万人を超えるという。

 首都ジャカルタ(人口約1017万人)で暮らす主婦のディアさん(27)はよく利用する一人だ。最近はソ…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文928文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]