メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉・銭湯ものがたり

あなたに愛を/下 「寿湯」=船橋市 「父」が見守る露天風呂 /千葉

露天風呂にある寿作さんの顔に似ているという「人面石」を指さす初子さん(右)。隣は店主の親光さんと臼田さん=船橋市本中山の「寿湯」で

年末閉店 半世紀の歴史に幕

 船橋市本中山の銭湯「寿湯」の露天風呂には「人面石」がある。店主の松丸親光さん(66)の父で、創業者の寿作さん(2006年に84歳で死去)の顔によく似ているといい、親光さんら家族は「今も自分たちのことを見守ってくれている」と感じている。寿湯は今年の大みそかで営業を終え、半世紀の歴史に幕を下ろす。閉店後は更地になるが、人面石は家族で大切に保管するという。

 寿作さんは1921年、市川市の農家の三男に生まれた。ところが兄2人が戦死し、戦後、14代目を継いだ…

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1330文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです