メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山・加計学園

獣医学部新設計画 再調査 遅きに失し、信頼失墜 文科省「文書ない」21日で転換 省内すら厳しい声

「加計学園」関連文書の再調査について話し、記者らの質問を受ける松野博一文科相(奥)=文科省で2017年6月9日午前10時11分、小川昌宏撮影

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画をめぐり、内閣府が文部科学省に早期開学を促したとされる文書について、再調査を拒み続けた文科省が9日、ようやく重い腰を上げた。「文書の存在は確認できなかった」と言い切った調査から21日。文書の存在を認める前事務次官の証言などに追い込まれた末の方針転換で、同省の信頼は失墜した。【宮本翔平、中島和哉、田口雅士】

 「追加調査の必要があると国民の声が多く寄せられた。真摯(しんし)に向き合い、徹底した調査を行いたい…

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1713文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです