メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の出発点

川上弘美さん『神様』 日本文学を変えた「波」

「今日はほんとうに楽しかったです。遠くへ旅行して帰ってきたような気持ちです。熊の神様のお恵みがあなたの上にも降り注ぎますように。それから干し魚はあまりもちませんから、今夜のうちに召し上がるほうがいいと思います」(『神様』中公文庫より)

 波を起こし続けてきた。おっとりした波だが、日本文学が漂う浜辺の形をはっきりと変えた作家だ。そのデビュー作が、おとぎ話のような『神様』である。1993年に書き、翌年の第1回パスカル短篇(たんぺん)文学新人賞を受賞した。当時、36歳の専業主婦だった。大学時代から小説を志していたが「初めて、書けた!と思ったのが『神様』です」。

 お茶の水女子大理学部で生物学を学び、中高一貫の女子校で理科教師を4年務め、退職して結婚と出産をした…

この記事は有料記事です。

残り1608文字(全文1937文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
  5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです