メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

高校教師という仕事/1(その1) 今夜も退勤打刻せず

仕事を終え、帰宅する八木雄一郎先生=丸山博撮影

 <document>

 学級日誌に担任のコメントを書いていたあたりで気力が切れた。遠足のしおりを作る作業も残っていたが、明日に回そう。ちらり腕時計を見やる。

 午後7時13分--。

 「八木先生」こと東京都立板橋有徳高校の八木雄一郎教諭(37)は意を決したようにパソコンを閉じた。4月12日、水曜日。職員室には3割方の先生が残っている。印刷室では、誰かが明日の授業で使うプリントを刷っているのだろう。印刷機が単調なリズムを刻んでいる。

 明日も午前6時起きだ。土日は部活がある。飛ばしすぎてはとてももたない。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文656文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  3. 富田林署逃走 容疑者5月以降4回逮捕 若い女性狙い
  4. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです