メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

退位特例法成立

笠原英彦氏

 天皇陛下の退位を実現する特例法が成立した。衆参両院で、女性宮家の創設や安定的な皇位継承について「法施行後の速やかな検討」を政府に求める付帯決議も採択された。特例法の成立を受けて、天皇の退位に向けて政府は動き出す。女性宮家の創設や天皇の公務のあり方など、残された課題もあるようだ。

皇室典範改正が政治の責任 笠原英彦・慶応大教授

 今回の経緯を振り返ると、政府が特例法案を国会へ提出する前に、与野党が「政争の具にしない」との前提を共有して柔軟に話し合ったことは大変に良かった。ただし、特例法の条文と付帯決議に盛り込まれた内容が、積み残された課題を示している。

 ひとつは、法律としての論理的な問題だ。他の法律と同様、この特例法も1条で立法趣旨を記している。その…

この記事は有料記事です。

残り4154文字(全文4481文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです