メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密着けいざい

瀬戸際の雇用/上 宅配運転手、奪い合い 荷物量急増、追いつかず

住宅街で足早に荷物を運ぶヤマト運輸のドライバー=東京都内で5月、今村茜撮影(画像の一部を加工しています)

 6月上旬の午前7時半、朝礼を終えて午後2時までに配達する約200個の荷物をトラックに詰め込み、慌ただしく発進させる。「時間指定も多く、路上や階段も走らないと配り終わらない」。昼休みを取る時間はない。コンビニおにぎりの昼食をとれないことも珍しくない。19日から正午~午後2時の配達時間指定がなくなるが、「実際に始まってみないと、どうなるか分からない」と不安だ。

 宅配便大手、ヤマト運輸の福岡県内の支店で働く20代男性、現役運転手の日常だ。

この記事は有料記事です。

残り1585文字(全文1804文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  5. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]