メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国で著作権料求める民事調停 美容室など

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は13日、店舗に流すBGMとして楽曲を利用しながら、著作権の手続きをしていなかった全国の美容室など178業者、352店舗に対し、著作権料の支払いを求める民事調停を全国の各簡易裁判所に起こした。

     対象は美容室のほか、アパレルショップや飲食店など。このうち美容室は163業者、205店舗に上る。著作権の手続きの催促に応じなかった業者を対象にしたという。

     著作権料は500平方メートル以内の1店舗あたり、年間6000円。JASRACは2015年から同様の民事調停を起こしており、請求を受けた多くの店舗が著作権料の支払いに応じているという。【木村光則】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. あおり運転 刃物見せて脅す 容疑者を逮捕 埼玉
    2. 神戸製鋼不正 地元で社員に広がる動揺「創業以来の危機」
    3. 人生相談 次男の交際相手に納得できない=回答者・高橋源一郎
    4. 「女性活躍」の現場から 2017衆院選/1 ひとり親世帯、置き去り
    5. 二所ノ関親方 重体 元若嶋津、自転車に乗り転倒 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]