メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JASRAC

全国で著作権料求める民事調停 美容室など

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は13日、店舗に流すBGMとして楽曲を利用しながら、著作権の手続きをしていなかった全国の美容室など178業者、352店舗に対し、著作権料の支払いを求める民事調停を全国の各簡易裁判所に起こした。

     対象は美容室のほか、アパレルショップや飲食店など。このうち美容室は163業者、205店舗に上る。著作権の手続きの催促に応じなかった業者を対象にしたという。

     著作権料は500平方メートル以内の1店舗あたり、年間6000円。JASRACは2015年から同様の民事調停を起こしており、請求を受けた多くの店舗が著作権料の支払いに応じているという。【木村光則】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 左とん平さん80歳=俳優 「時間ですよ」
    2. 裁量労働制 対象拡大反対の緊急デモ 1000人が訴え
    3. 梅田墓 大阪駅前に200人分の骨 江戸時代の墓地、初調査 うめきた再開発地区
    4. 東京マラソン チュンバがV 設楽は日本新記録で2位
    5. 東京マラソン 設楽、双子の兄追い続け「2人で東京五輪」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]