メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

2017年7月号(6月15日発売)

450円

★「難民」「朝鮮半島」はいずれも6p特集。

    増え続ける難民

     紛争や迫害から逃れるため、ふるさとを追われ国内外に移る難民・避難民が世界で増え続けています。海の向こうで起きているニュースと思いがちですが、難民になる前はみんなと同じような安らかな暮らしを送っていました。日本に逃れてきた人の声にも耳を傾けます。

    ゆれる朝鮮半島

     アジアの東に突き出る朝鮮半島。日本に近いこの地域が今、ゆれています。北朝鮮がミサイル発射をくり返す中、韓国では前大統領の汚職事件をめぐる混乱が尾を引き、5月9日、ようやく新しい大統領が選出されました。ニュースはもちろん、二つに分かれた歴史も振り返ります。

    電子マネーってなんだ?

     Suicaなどの電子マネーを使うのは当たり前。運賃の支払いも買い物も「ピッ」とできて便利です。そのしくみと社会へ広がった背景を探ります。子どもたちに起こりやすいトラブルと注意点もお伝えします。

    ペットの世話は最後まで

     子猫や子犬はかわいいと人気です。一方で、飼い主のわからない猫やペットだった犬が年間13万匹以上も引き取り施設に連れて行かれ、そのうち8万匹がそのまま死んでいきます。奪われる命をゼロにする取り組みを紹介します。

    沖ノ島が世界文化遺産登録へ

     福岡県宗像市の沖ノ島がユネスコの世界文化遺産に登録されることが確実になりました。海の安全や海外との交渉がうまくいくように祈る古代の祭りが行われた遺跡には、さまざまな宝物が伝わるため「海の正倉院」とも呼ばれます。そのころの日本をとりまく国々のことも知りましょう。

    【その他】サミット、共謀罪、「しんかい6500」など

    ★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

    ★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

    ★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

    ★1部450円。書店でどうぞ。

    ★定期購読なら、離れてお住まいのお孫さんに贈れます(郵送)。先様には編集室よりあなたからのプレゼントである旨を別便で通知します。お問い合わせ・お申し込みは編集室(電話03・3212・1171、03・3212・0954=平日10時から18時)。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
    2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    3. ボクシング 比嘉ぼうぜん 記録、信頼…失ったもの多く
    4. 比嘉王座剥奪 具志堅会長「ファンに申し訳ない」
    5. 尼崎脱線 亡き兄に誓った救命の道 ICUの看護師に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]