メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

高校教師という仕事/2 働き方?心削られ

新聞を読みながら昼食のコンビニ弁当を5分間でかき込む八木先生

 <document>

 4月14日午後1時5分。東京都立高の八木雄一郎先生(37)は給湯室の冷蔵庫から「とろろそば」と「玉ねぎサラダ」を取り出した。通勤途中のローソンで買ったものだ。ちなみに昨日はのり弁で、おとといはカルビ丼だった。

 「弁当を作っていた時期もあるんですよ」。職員室の自席で一人、味わうでもなくそばをすする。「でも1人暮らしだと食材を余らせちゃうんですよね」。八木先生は独身だ。たぶん体細胞の何割かはコンビニ弁当でできている。

 食べ終わるとすぐ、パソコンを立ち上げる。2学年はこの月の末に横浜・中華街へ遠足に行く。八木先生はそ…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1066文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです