メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

混迷ベネズエラ

/下 「見せしめ逮捕」横行 政権、力で不満抑え

公安当局SEBIN(セビン)の本部ビル。市民はこのビルを「La Tumba(墓)」と呼ぶ=ベネズエラの首都カラカスで2017年5月

 お父さんは遠いところで仕事しているから--。

 こんなごまかしがいつまで4歳の息子に通じるのかと、カラカスの主婦、ロサ・プラト・ビジェガスさん(38)は不安でしょうがない。夫で陸軍軍人のハイロンさん(38)は今年1月、クーデターを画策した容疑で同僚5人と共に逮捕された。上官が証拠として示したのは1枚の写真。休日に半ズボン姿の夫が喫茶店に入ろうとしているところを隠し撮りしたものだ。写真には「この後、店内で6人による密談があった」と説明書きがあった。

 だが、ロサさんは首を振る。「でっちあげです。その日、店で夫と待ち合わせしていたのは私だからです」

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  5. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです