メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密着けいざい

瀬戸際の雇用/下 人手不足、省力化を模索 人件費上昇 外国人、SNSも活用

 人手不足は飲食や小売りなど、幅広い業界でも深刻化している。賃上げで人件費が上がれば収益を圧迫するが、人手が集まらなければ事業を維持拡大できないというジレンマに直面し、ロボット導入など省力化の模索が広がっている。

 「80歳のベテランがいます。大活躍中」。東京・多摩地区の青果店。壁に張られた求人広告が高齢でも働ける環境の良さを訴える。時給は数年前の850円から940円に。しかし野菜を運ぶなどの肉体労働が嫌われ、系列店では1000円に上げても応募がない。

 アルバイトなど非正規雇用の賃金は上がっている。リクルートジョブズの調べでは、首都圏・東海・関西の平…

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1349文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです