メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
中塩美悠の青いバラ

間違いではなかった「選択」

早稲田大スケート部の仲間たちと。3年生になった中塩美悠さんは2列目右端でニッコリ=中塩さん提供

早大スケート部と広島スケートクラブの掛け持ち

 今年ももう6月、1年の折り返し地点に差し掛かってきました。

 今回はつい先日、東京都東大和市で開かれた関東学生フィギュアスケート選手権大会について書こうと思います。早稲田大に入学して3年になりますが、この試合に出場するのは初めてでした。

 多くの方が不思議に思っているかもしれませんが、私の所属は少々特殊です。早大スケート部に所属していますが、eスクール(通信教育課程)のため兵庫県西宮市で練習する一方、所属クラブは広島県スケート連盟。ですので、日本スケート連盟の試合は全て広島スケートクラブから出場し、学生連盟の試合は早大から出場しています。

 今まであまり前例がなかったため、各方面の方々から何度も確認されてきましたが、このような選択ができた…

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1551文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです