メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

模擬選挙

本物の投票箱で体験 通信制サポート校で選管出前授業 /愛知

模擬投票で1票を投じる生徒たち=名古屋市中村区のKTC中央高等学院名古屋キャンパスで

 名古屋市の中村区選挙管理委員会は16日、通信制サポート校・KTC中央高等学院名古屋キャンパス(同区椿町)の1~3年生約100人を対象に、選挙の出前授業を行った。選挙権が18歳以上に引き下げられたことを受け、若者に投票を促すことが目的。

 通信制サポート校は、通信制高校に通う生徒が3年間で卒業できるよう単位取得などの支援を行う民間の教育施設で、同キャンパスには15歳から社会人までが通う。

 出前授業では、選管の担当者が選挙の意義や選挙権年齢が引き下げられた背景、候補者の選び方などを解説し…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文537文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです