メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

華恵の本と私の物語

/11 うそつき大ちゃん

 1時間目じかんめ授業中じゅぎょうちゅう。4ねんくみ教室きょうしつのドアが、ガラッといきおいよくいた。そこに佐藤君さとうくんに、クラスじゅう視線しせんあつまる。

     「おはようございます、佐藤君さとうくん

    「おはようございます」

     先生せんせいずにこたえ、あごをして大股おおまた自分じぶんせきかう。

    「どうして遅刻ちこくしたの?」

    おそくなってすいませーん」

     佐藤君さとうくんせきき、ランドセルをくるりとかえして教科書きょうかしょはじめた。おかっぱあたまかみがゆれる。

    おそくなった理由りゆういているのです」

    わなきゃだめですか」

     佐藤君さとうくんのキツネ先生せんせいをにらむ。攻撃こうげきモードだ。

     去年きょねんまでは、佐藤君さとうくんやさしくてたよりになる友達ともだちだった。みんなで「グリコ」をしているとき、みんなとわたしの距離きょりひろくなると「はなえちゃんがとおすぎるよ。いまのジャンケンは、なし! もう一回いっかい!」とってくれた。それが、今年ことしはいってわった。佐藤君さとうくん身長しんちょうたかくなり体重たいじゅうえ、キレやすくなった。男子同士だんしどうしでのけんかではめられるまでいをやめない。なんだか、近寄ちかよりにくいひとになってしまった。

    おくれた理由りゆういなさい」

     そう先生せんせいに、佐藤君さとうくんはゆっくりくちひらいた。

    「……おかあさんのかたを、もんでいました」

     男子だんしたちがした。「バレバレのうそ!」「おかあさんがおまえ遅刻ちこくさせてまでかたもみさせるわけないじゃん!」

     去年きょねんまで一緒いっしょあそんでいたたちがヤジをばす。わたしもわらった。普段ふだん佐藤君さとうくん距離きょりがあるから、こういうときにたくさんわらってしまうのかもしれない。佐藤君さとうくんかおが、みるみるあかくなっていくのがえた。

     「しずかにしなさい」

     先生せんせいがぴしゃりとった。

    「それは、本当ほんとうですか」

    「はい、そうですけど?」

     佐藤君さとうくんのどが、ごっくん、とうごいた。

     先生せんせいはゆっくり黒板こくばんなおり、なにもなかったように、授業じゅぎょうつづけた。佐藤君さとうくんは、みんなの視線しせんいたいほどかんじていたはず。でも、姿勢しせいをピンとばし、ひたすらまえていた。

      + + + +

     『うそつきだいちゃん』をんで、このことをおもしました。よごれたかわさかながいたことや、巨大きょだいなネズミをたことをってもしんじてもらえず、「うそつき」とわらわれるだいちゃん。でも、ある健太けんたすべ本当ほんとうだったとります。だいちゃんの気持きもちもり、健太自身けんたじしんわっていきます。

     このほんんで、はじめておもいました。佐藤君さとうくん、みんなにうそつきとめつけられ、どんな気持きもちだったのだろう、と。そとからてわかることなんて、ほんとうにわずかなのでしょうね。


    『うそつきだいちゃん』

    阿部夏丸あべなつまるちょ 村上豊むらかみゆたか・イラスト

    ポプラしゃ

    現在げんざい販売はんばいしていません)


     エッセイストの華恵はなえさんが、ほんにまつわるおもきなほん紹介しょうかいします

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
    2. ロシア プーチン大統領「70年も足踏み」日本と相いれず
    3. 埼玉・和光市 高齢男女が死傷、殺人容疑で捜査
    4. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
    5. ORICON NEWS “空気を読まない”コメンテーター古市憲寿、なぜ重宝? “炎上に対する無関心さ”が背景に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです