メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

公約実現を強調 キューバ制裁強化 影響、限定的か

 【ワシントン高本耕太、サンパウロ朴鐘珠】トランプ米大統領は16日、オバマ前政権が進めたキューバ制裁緩和策を転換すると正式表明した。キューバのカストロ政権との関係が冷え込むのは必至だが、外交関係は維持し影響は限定的との見方もある。ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営の癒着疑惑で追及を受けるトランプ政権には、公約実現を強調して支持をつなぎ留めたい思惑がある。

 「キューバの圧政から目を背けない。前政権は誤った取引をした」。トランプ氏は米南部フロリダ州マイアミ…

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文821文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです