メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

埼玉・加須 うどん 打ち続ける「地域の誇り」 条例も後押し、全国へ発信 /東京

びょうぶのように折りたたんだ生地を包丁で2~3ミリほどの細さに切っていく「子亀」店主の岡戸知幸さん=埼玉県加須市諏訪1の「子亀」で

 埼玉県加須市周辺は江戸時代から小麦の生産が盛んだったことから、「うどん食文化」が浸透した。6月25日を「加須市うどんの日」とする市条例もあり、市民と行政が協力して「加須市といえばうどん」を定着させようとしている。「うどんの日」を前に多数のうどん店が点在する加須を訪ねた。【篠崎真理子】

 東京から電車で約1時間半。加須駅からほど近い、手打ちうどんを提供する「中央食堂」ののれんをくぐった。

 出されたうどんはきらきらと光沢があり、口に入れるとつるりと滑らかだ。かむともっちりとした強いコシが…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1231文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです