メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シティ・アイシャが9年ほど前、新婚当初住んでいた住居兼工場。ジャカルタの貧困地区にあり、現在は当時から所有者が変わっている=3月、平野光芳撮影

 狭い路地が迷路のように入り組むインドネシアの首都ジャカルタの貧困地区。シティ・アイシャ(25)は9年ほど前、この一角に暮らしていた。

 住んでいた建物を探し当てた。手すりのないベニヤ板張りの階段を上ると、20畳ほどの雑然とした部屋が広がる。縫製用ミシンが並び、布の切れ端が床に無造作に散らかる。窓は小さく、扇風機が回っていてもうだるような暑さだ。

 アイシャは2007年、15歳のとき、中華系インドネシア人のリアン・キオン(55)が当時、経営してい…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文607文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]