メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7人継投で丸封じた 9回サファテ以外は左腕ぶつける

日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク7-4広島(2017年6月18日 マツダ)

 ソフトバンクが7人継投でリードを守った。先発・山田を3回途中2失点で交代。2番手で2回を無失点に抑えた4年目の岡本はプロ初勝利となり「うれしかった。(勝利が)つくと思わなかったので驚いた」と笑った。

     2試合で4本塁打されていた丸に対し、5回1死一塁では飯田が四球を与えたが、8回無死は嘉弥真が右飛に仕留めた。9回のサファテ以外は左腕をあて、1安打と仕事をさせなかった。工藤監督は「目先を変えたいと思い、丸のところで左をあてようとした」と話した。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 衆院選 投票したら替え玉無料 「一風堂」が「選挙割」
    2. 中国道 路上タイヤに乗り上げ 死亡親子の車とトレーラー
    3. 東急 田園都市線、停電で一部運転見合わせ
    4. 希望の党 小池氏、排除発言で弁明「傷つけるつもりない」
    5. 窃盗未遂容疑 新幹線グリーン車内でスリを現行犯逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]