メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VXの女たち・正男暗殺

/10 両親思い「ただ祈りを」

シティ・アイシャの母ベナは「娘は無実だと確信している」と話した=インドネシア・バンテン州で2017年2月、ジャカルタ支局助手エドナ・タリガン撮影

 シティ・アイシャ(25)の実家はジャカルタの西約80キロののどかな農村にある。

 「実の妹のように親しくしてくれた」

 小学校の後輩、ヌルハヤティ・ヌフス(23)はそう振り返る。当時、アイシャは自宅の掃除や食器洗いなどの家事を進んで手伝う子で、1日5回のイスラム教の礼拝も欠かさなかった。「おとなしい性格で、けんかしたり人前で怒ったりしたのを見たことがない」という。

 アイシャには2人の兄がいる。中学校には進学しなかったが、インドネシアの農村では今でも珍しいことでは…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文582文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです