メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『季節の果物でジャムを炊く』福田里香・著

時代の変化の中に変わらないものもある

◆『季節の果物でジャムを炊く』福田里香・著(立東舎/税別1360円)

 果樹園の風景に惹(ひ)かれる。実がなったさまは豊かさ以外のなにものでもない。葉を落とした冬にも、枝ぶりから、これは桃の木かな、など推測してみる。

 菓子研究家である福田里香さんの、果物をさらに楽しむための『ジャム食本』は刊行されてすぐ買った。スタンダードないちごジャムから、梅、ルバーブ、キウイとミントなど、いろいろなレシピが載っている。ただ、私は保守的に、いちじくジャムばかりつくっていた。好みなのと、その簡単さに寄りかかり。だからここしばらくはいちじくのページばかりを開いていた。11年前に刊行されたその本は、今春『季節の果物でジャムを炊く』と改題され、サイズはひとまわり小ぶりになり、復刊された。

 冒頭の、ジャムのつくりかたの基本についての解説文に目をとめる。旧作『ジャム食本』では「煮る」と表記…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心
  4. 山本美月 大興奮!「一人ずつと写真を」  歴代プリキュア55人が大集合(スポニチ)
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです