メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

新しい競技に可能性=渡辺守成

国際体操連盟(FIG)が五輪の新種目として採用を目指すパルクール=FIG/Armand Lenoir提供

 

 2020年東京五輪の体操の新種目としてパルクールを国際オリンピック委員会(IOC)に提案しました。パルクールはフランス発祥で、壁や障害物などの地形を走り、跳び、登る種目です。今回は見送られましたが、急速に世界中の若者に人気を得ているパルクールは近い将来、必ず五輪種目になると確信しています。

 パルクールとの出合いは11年の横浜。偶然見かけましたが「これはすごい」と感じました。その後、16年春に会長選の選挙活動でスウェーデンを訪問した際、体操協会の管轄にパルクールがあるのを見て、国際体操連盟(FIG)にも取り入れるべきだと直感しました。

 体操は歴史が古く非常にアカデミックな競技です。このような競技は若者に人気がなくなり、行き詰まる可能…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文1002文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]