メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

新しい競技に可能性=渡辺守成

国際体操連盟(FIG)が五輪の新種目として採用を目指すパルクール=FIG/Armand Lenoir提供

 

 2020年東京五輪の体操の新種目としてパルクールを国際オリンピック委員会(IOC)に提案しました。パルクールはフランス発祥で、壁や障害物などの地形を走り、跳び、登る種目です。今回は見送られましたが、急速に世界中の若者に人気を得ているパルクールは近い将来、必ず五輪種目になると確信しています。

 パルクールとの出合いは11年の横浜。偶然見かけましたが「これはすごい」と感じました。その後、16年春に会長選の選挙活動でスウェーデンを訪問した際、体操協会の管轄にパルクールがあるのを見て、国際体操連盟(FIG)にも取り入れるべきだと直感しました。

 体操は歴史が古く非常にアカデミックな競技です。このような競技は若者に人気がなくなり、行き詰まる可能…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文1002文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです