メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞

委員会から 「フェイクニュース」どう検証

コラージュ・深澤かんな 委員の写真はいずれも内藤絵美

 トランプ米大統領が都合の悪い報道をフェイクニュースと批判し、事実軽視を象徴するオルタナティブ・ファクトという言葉も生まれました。国内でも、安倍晋三首相は国会で野党の追及に対して丁寧に説明せず「印象操作」と断じ、政府が国民の目から情報を遠ざける姿勢も加速しています。大量の情報を権力者が恣意(しい)的に使う中、報道はどのように向き合えばいいのか、毎日新聞の「開かれた新聞委員会」の委員4人から意見をいただきました。(意見は東京本社発行の最終版に基づきました)

この記事は有料記事です。

残り3657文字(全文3886文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  3. ORICON NEWS 神谷明、29日の巨人×広島戦で場内アナウンス「冴羽リョウとして盛り上げる」
  4. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです