メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

エステサロンの契約 広告をうのみにしない

 肌(はだ)の露(ろ)出(しゅつ)が増える夏に向けてトラブルになる恐(おそ)れがあるのが痩(そう)身(しん)や脱(だつ)毛(もう)などのエステサロンの契(けい)約(やく)だ。

 「後日では料金プランが変わるから契約するなら今日(きょう)中(じゅう)が安い」と言われ、痩身エステの契約をしてしまった▽「未成年契約の場合は親の同意が必要なため、日付は後日入れる」と言われ、20歳(さい)になってから契約したことにされた--。過去には、こういった相談が全国の消費生活センターなどに寄せられてきた。契約をせかされたり、効果を誇(こ)大(だい)に宣伝していたりするケースは注意が必要だ。

 行政も悪質な業者には対応を取っている。消費者庁は昨年8月、脱毛エステサロンを運営する会社の宣伝が特…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文933文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです