メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 東京アートミュージアム(東京都調布市) /東京

閉館後に定期的にプロの音楽家による演奏会なども開かれる東京アートミュージアムの展示室=東京都調布市で

安藤建築と作品、両方感動

 高さ8メートルの吹き抜けの空間に、窓から差し込む自然光が柔らかく調和する。「東京アートミュージアム」(TAM)は、京王線仙川駅から徒歩3分ほどの住宅街にある、世界的な建築家・安藤忠雄氏が設計した私立美術館だ。

 きっかけは1990年、周辺の土地の地主の伊藤容子さん(66)が、都道計画で自分の土地が分断されるのを知ったこと。「虫食い的に開発を進めるのではなく、後世に残る一体性のある街並みを造りたい」と、元々ファンだった安藤さんに依頼。熱意に動かされた安藤さんが引き受け、保育園や分譲集合住宅など建物6棟の設計を手がけた。

 安藤作品が一カ所に集まるのは世界的に例がなく、通りは「安藤ストリート」と呼ばれ、世界中からファンや…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです