メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
余録

「拝啓 僕ノ今日ノ生命ハ…

 「拝啓 僕ノ今日ノ生命ハ『病牀六尺(びょうしょうろくしゃく)』ニアルノデス」。俳人、正岡子規(まさおかしき)は結核性カリエスで激痛なしに身動きできぬ病床から新聞連載「病牀六尺」を死の2日前まで続けた▲冒頭の手紙は原稿が載らなかった日の編集主任宛てのもので、休載を知って泣いたとある。「モシ出来ルナラ、少シデモ載(の)セテ戴(いただ)イタラ命ガ助カリマス」。子規はそう懇願したのだ(復本一郎(ふくもといちろう)著「正岡子規 人生のことば」岩波新書)▲「なりたい自分になる」。こちらは昨年9月、そんな言葉とともにがんとの闘病の病床からブログを書き始めた小林麻央(こばやしまお)さんだった。「がん患者」という意識に心や暮らしを押し込めていた今までの自分から抜け出そうと考えたのだ▲「子供に『何もしてあげられなくてごめんね』と胸を痛めているママがいたら、あなただけでなく、私も同じです」。麻央さんの言葉は読む人の心にスッとしみ入った。記された闘病も、家族との時間も人々の心の奥の糸を震わせた▲「私が怖(おそ)れた世界は優しさと愛に溢(あふ)れていました」。世界の女性100人の一人に選んだ英BBCへの寄稿ではブログの反響にふれてそう記した。「病気となったことが私の人生を代表する出来事ではない」との言葉も忘れられない▲「愛してる」と夫に告げた直後の34歳での旅立ちである。子規と同じく30代半ばのやるべきこと、やりたいことを多く残しての死だった。その2日前の最後のブログにはこうあった。「皆様にも、今日笑顔になれることがありますように」

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
    3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
    4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
    5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです