メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
南スーダン難民

国際社会が3億ドル超の支援表明

食糧支援を待つ南スーダンの避難民ら=ジョングレイ州で2017年6月1日、小泉大士撮影

 【ヨハネスブルク小泉大士】南スーダンからの難民が大量に流入するウガンダの難民受け入れを支援する「連帯サミット」が23日、カンパラで開かれ、国際社会が3億5800万ドル(約398億円)の支援を表明した。

 日本から岸信夫副外相が出席し、新たに1000万ドル(約11億円)の無償資金協力を表明。難民の自立支援と共に、難民と受け入れる住民側の共存に向けた飲料水供給や教育・衛生施設などの基礎インフラ整備や人材育成を支援すると述べた。

 サミットを共催した国連のグテレス事務総長は、1994年のルワンダ大虐殺以降「アフリカ最大の難民流出…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1069文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです