メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダン難民

国際社会が3億ドル超の支援表明

食糧支援を待つ南スーダンの避難民ら=ジョングレイ州で2017年6月1日、小泉大士撮影

 【ヨハネスブルク小泉大士】南スーダンからの難民が大量に流入するウガンダの難民受け入れを支援する「連帯サミット」が23日、カンパラで開かれ、国際社会が3億5800万ドル(約398億円)の支援を表明した。

 日本から岸信夫副外相が出席し、新たに1000万ドル(約11億円)の無償資金協力を表明。難民の自立支援と共に、難民と受け入れる住民側の共存に向けた飲料水供給や教育・衛生施設などの基礎インフラ整備や人材育成を支援すると述べた。

 サミットを共催した国連のグテレス事務総長は、1994年のルワンダ大虐殺以降「アフリカ最大の難民流出…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1069文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです