メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

三浦雅士・評 『「維新革命」への道 「文明」を求めた十九世紀日本』=苅部直・著

 (新潮選書・1404円)

近代西洋思想に共感できる下地があった

 「この本が語ろうとしているのは、十九世紀の日本における思想の歴史である」と冒頭に述べる。事実、これほど分かりやすく面白く書かれた十九世紀日本思想史は稀(まれ)だろう。まず文章が明晰(めいせき)。しかも、明治維新をめぐる通念を、ほぼ百八十度、変えてみせる。これだけでも読む価値があるが、しかし本書の魅力はそれ以上のところにある。

 イギリスがEUからの離脱を選び、アメリカがトランプを大統領に選び、イスラーム国(IS)のテロは相変…

この記事は有料記事です。

残り1791文字(全文2036文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです