メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中島岳志・評 『自民党-「一強」の実像』=中北浩爾・著

 (中公新書・950円)

低い投票率の下で勝つ

 安倍政治の「一強」状態が続いている。しかし、安倍内閣への熱狂的な支持は見られない。世論調査での支持理由のトップは「他の内閣よりよさそうだから」という消極的なものだ。しかし、国政選挙では連戦連勝を続け、衆議院では与党で3分の2の議席数を保持する。一体なぜなのか?

 中北は1994年の政治改革以降の自民党の変化を詳述し、その実像に迫る。戦後の自民党政治を特徴付けて…

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1448文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです