メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀のひとたち

世界遺産登録10周年/7 県世界遺産室・田原淳史さん 分かりやすく、魅力届け /島根

世界遺産登録10年の記念展に向け、思いを語る田原淳史さん=島根県庁で、長宗拓弥撮影

 「現地では見えにくい石見銀山の価値を伝え、次の20年に向けた良い機会にしたい」

 県世界遺産室の企画員、田原淳史さん(43)は7月14日から古代出雲歴史博物館(出雲市)と石見銀山資料館(大田市)で開かれる「石見銀山展 銀が世界を変えた」の準備を進めている。展示物を借りる交渉にポトシ銀山(ボリビア)などにも出向いた。「石見銀山は派手な遺産ではないので、魅力を伝えるには工夫が必要。力になりたい」と語る。

 田原さんは益田市出身。静岡大学で考古学を学び、1996年に県職員に。文化財畑を歩み、2006年から…

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文954文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  5. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです