メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新作が興収2億円突破 14万人動員

劇場版アニメ「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」のビジュアル(C)T-ARTS/syn Sophia/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ/キングオブプリズムPH製作委員会

 劇場版アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(略称・キンプリ、菱田正和監督)の新作「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」の興行収入が2億円を突破したことが26日、明らかになった。同作は10日に公開され、25日までの興行収入は約2億3600万円で、観客動員数は約14万3000人を記録。56館と小規模の公開にもかかわらず、好調な動員をキープしている。

 「キンプリ」は、2013年4月~14年3月に放送された女児向けテレビアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」のスピンオフで、男性キャラクターの神浜コウジ、速水ヒロ、仁科カヅキたちが歌とショーに懸ける姿が描かれた。映像に合わせて、観客が声を上げたり、サイリウムを振ったりして楽しめる“応援上映”も人気を集め、動員が約48万人、興行収入は約8億円を記録した。

 新作は、コウジが巨額の負債を返すためにハリウッドで映画音楽を制作し、カヅキはストリート系としての自らの原点を見つめ直し、ヒロは己を高めるため特訓に打ち込む中、プリズムキングカップが開幕する……というストーリー。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風21号 6人死亡、衆院選アルバイト男性も
  2. 衆院選 希望、敗北に動揺 前原民進代表、辞任へ
  3. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
  4. 建材落下 兵庫県警本部庁舎から、けが人なし
  5. ゴキブリ 繁殖に雄いらず 雌3匹以上で単為生殖促進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]