メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新作が興収2億円突破 14万人動員

劇場版アニメ「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」のビジュアル(C)T-ARTS/syn Sophia/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ/キングオブプリズムPH製作委員会

 劇場版アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(略称・キンプリ、菱田正和監督)の新作「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」の興行収入が2億円を突破したことが26日、明らかになった。同作は10日に公開され、25日までの興行収入は約2億3600万円で、観客動員数は約14万3000人を記録。56館と小規模の公開にもかかわらず、好調な動員をキープしている。

 「キンプリ」は、2013年4月~14年3月に放送された女児向けテレビアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」のスピンオフで、男性キャラクターの神浜コウジ、速水ヒロ、仁科カヅキたちが歌とショーに懸ける姿が描かれた。映像に合わせて、観客が声を上げたり、サイリウムを振ったりして楽しめる“応援上映”も人気を集め、動員が約48万人、興行収入は約8億円を記録した。

 新作は、コウジが巨額の負債を返すためにハリウッドで映画音楽を制作し、カヅキはストリート系としての自らの原点を見つめ直し、ヒロは己を高めるため特訓に打ち込む中、プリズムキングカップが開幕する……というストーリー。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元特攻隊員 形見「いらん」 父の怒り、親になり知る
  2. 夏の高校野球 本塁打大会新・中村7打点 広陵が決勝進出
  3. 温泉施設 洗い場やジェットバスが泡だらけ いたずらか
  4. 「見た目」問題 就職や仕事で感じる偏見、どう克服
  5. 人生相談 30歳上の彼と結婚すべき?=回答者・渡辺えり

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]