メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

多田、ケンブリッジ飛鳥、サニブラウンら代表に

 日本陸上競技連盟は26日、世界選手権(8月4日開幕、ロンドン)の代表19人(男15人、女4人)を発表した。男子100メートルはサニブラウン・ハキーム(東京陸協)と多田修平(関学大)、リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダルのケンブリッジ飛鳥(ナイキ)の3人が入り、サニブラウンは200メートルでも選出された。既に発表されたマラソン・競歩を合わせて32人が選ばれた。

 男子400メートルリレーの出場国は来月下旬、国際陸連が世界ランキングなどを基に発表する予定で、日本…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1089文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです