メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

転職先での危機乗り越え スシローグローバルホールディングス社長・水留浩一さん

ローランド・ベルガー日本法人時代の水留さん(左)。一つ一つの仕事に誠実に取り組む姿勢を学んだ=2005年

「うまい」を世界に発信

 2000年4月、ドイツの経営コンサルティング会社「ローランド・ベルガー」日本法人に転職しました。外資系大手コンサル会社で企業の中期経営計画策定やブランド戦略の提案といったコンサルのノウハウを約4年間学び、「もっと小さな会社で自分の力を試したい」と考えたからです。

 経験者は私を含め2人という小さな会社でした。前の会社で培った人脈などを生かして自動車やアパレル関係の仕事を得ていました。しかし、当時ローランド・ベルガーの知名度は全くなかったため、新規開拓は苦労しました。脈のありそうな企業に狙いを定めて電話しても、面会すらできないこともありました。運良くプレゼンテーションに参加できても、大手のコンサルティング会社との競争になると負けてしまいます。既存の契約も切れて、仕事は徐々になくなっていきました。

 転職から1年あまりがたった01年7月、ついに会社全体で仕事がゼロになりました。多くの企業が長期休暇…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1185文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです