メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森空港

「大間のマグロ」?ターンテーブルに出没

一般客の荷物に紛れてターンテーブル上を流れる「大間マグロ」の模型=青森市の青森空港で2017年6月24日午後2時5分、一宮俊介撮影

 青森空港(青森市)の手荷物を受け取るターンテーブルに「大間のマグロ」が時折出没し、乗客を驚かせている。青森県大間町で水揚げした高級本マグロと思いきや、実は発泡スチロール製の模型だ。

     全長約1.4メートル、重さ約1キロ。日本航空の整備士らが「笑ってもらえるものを」と空港内のゴミ捨て場にあった素材を再利用。歯にラップの刃を使うなど約7カ月かけて手作りし、先月初めにデビューした。

     発案者の一人で整備士の境朗さん(40)は「いつ現れるかは空港に来てのお楽しみ」。大間漁協も認めたという完成度の高さが食欲をそそるが、手荷物ではないので持ち帰りは厳禁。【一宮俊介】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
    3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
    4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
    5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです