メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

志都美小2017年度

6月報告=幼虫、さなぎ、成虫

アゲハの幼虫

 3年生の子どもたちが見つけたアゲハの幼虫は他の幼虫の4倍ほどもあるサイズで、模様も少し違っていました。どうやら正体はクロアゲハのようです。蝶(ちょう)になるまで観察することになりました。

    --------------------

    つかまえた幼虫

     ぼくは今日、「わくわくランド(生態園)」で幼虫をつかまえました大きさは3ミリくらいでプニプニしていました。色は茶色と白でした。はやく成虫になってほしいです。

    カナブンのさなぎ

     今日「わくわくランド」でカナブンのさなぎをとりました。見てください。カナブンのさなぎはプ二プ二でした。色はみどりと黄色でした。

    モンシロチョウのさなぎ

     わくわくランドでさなぎのからを見つけました。さなぎの大きさは、2、2センチメートルでした。後から知ったけどモンシロチョウのさなぎのからでした。

    --------------------

    キンカン

     私は、わくわくランドのキンカンの観察しました。小さな緑色の実がいっぱいできていてとってもかわいかったです。大きさは、2センチメートルから3センチメートルぐらいありました。葉っぱは、ちょっと黄色オレンジ色で、とってもきれいでした。秋の初めになって、もっと大きくなって黄色の色になって、ほしいと思います。

    --------------------

    アゲハチョウ

     ぼくは、今日わくわくランドでアゲハチョウをみつけました。おなかが大きくて、たまごをもっていたと思いました。ほかにもいろんな生き物がいるのでみにきてください。

    --------------------

     ★めっちゃ関西「生態園をつくろう」のトップページはこちら>>

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 前田敦子 “世界一の大泉洋ファン”自負も「大泉の…」と呼び捨て 笑い止まらず
    2. ORICON NEWS 戸田恵子、鶴ひろみさんしのぶ「とにかく悲しい」 “3日前”の約束「いつか守れたら」
    3. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
    4. 森友 「特例」指摘次々 値引き「根拠不十分」 検査院
    5. 自主回収 容器取り違え「どん兵衛」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]