メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6月報告=幼虫、さなぎ、成虫

アゲハの幼虫

 3年生の子どもたちが見つけたアゲハの幼虫は他の幼虫の4倍ほどもあるサイズで、模様も少し違っていました。どうやら正体はクロアゲハのようです。蝶(ちょう)になるまで観察することになりました。

    --------------------

    つかまえた幼虫

     ぼくは今日、「わくわくランド(生態園)」で幼虫をつかまえました大きさは3ミリくらいでプニプニしていました。色は茶色と白でした。はやく成虫になってほしいです。

    カナブンのさなぎ

     今日「わくわくランド」でカナブンのさなぎをとりました。見てください。カナブンのさなぎはプ二プ二でした。色はみどりと黄色でした。

    モンシロチョウのさなぎ

     わくわくランドでさなぎのからを見つけました。さなぎの大きさは、2、2センチメートルでした。後から知ったけどモンシロチョウのさなぎのからでした。

    --------------------

    キンカン

     私は、わくわくランドのキンカンの観察しました。小さな緑色の実がいっぱいできていてとってもかわいかったです。大きさは、2センチメートルから3センチメートルぐらいありました。葉っぱは、ちょっと黄色オレンジ色で、とってもきれいでした。秋の初めになって、もっと大きくなって黄色の色になって、ほしいと思います。

    --------------------

    アゲハチョウ

     ぼくは、今日わくわくランドでアゲハチョウをみつけました。おなかが大きくて、たまごをもっていたと思いました。ほかにもいろんな生き物がいるのでみにきてください。

    --------------------

     ★めっちゃ関西「生態園をつくろう」のトップページはこちら>>

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
    2. 特集ワイド 加計学園問題 首相は便宜を図った? 「法治」揺るがす「人治」
    3. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚
    4. 津波 バクテリアで軽減へ 高知コア研究所
    5. 東山動植物園 ヘビの子供が行方不明…名古屋

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]