メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『戦国武将の病(やまい)が歴史を動かした』若林利光・著

武将の持病と死因から歴史の「if」を思う

◆『戦国武将の病(やまい)が歴史を動かした』若林利光・著(PHP新書/税別860円)

 脳神経外科医、開業30年のベテラン。そんな若林先生が、武田信玄、上杉謙信ら、戦国武将の持病と死因を推理する。

 この本の特徴は、「こうかな、ああかな」といたずらに可能性を開陳するにとどまらず、たとえば小早川秀秋は「アルコール性肝硬変」だ!とズバリ犯人を追い詰めていること。当時を代表する名医・曲直瀬玄朔(まなせげんさく)のカルテにこうあるからだ!と証拠を明示していること。さらにその所見を踏まえ、秀秋がなした歴史的行為--何といっても関ヶ原での裏切り--について興味深い考察を展開していること。

 信長は好んで「人間50年~」と謡ったそうだが、実際に戦国武将はこれくらいの年齢で次々と病死している…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文947文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです