メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽玉手箱

ペギー葉山/下 戦後ジャズと日本歌謡つなぐ=専門編集委員・川崎浩

 「イッツ・ビーン・ア・ロング・ロング・タイム」……「お久しぶりね」という邦題でも知られる米国のスタンダード曲がある。かわいらしいポップソングだが、終戦の1945年、帰還兵を待つアメリカ国民に浸透し、ビング・クロスビー盤など続々とチャートイン、大スタンダードとなった。

 このころ、後のペギー葉山、小鷹狩(こたかり)繁子は12歳になろうかという時期である。福島の疎開先から、姉の疎開先である宮城県・鳴子に、母と移っていた。「ギューギュー詰めで乗り換え乗り換え。でも、汽車の中は皆、優しかった。戦争が終わり、ホッとした雰囲気が満ちていた」とペギーは思い出す。92年に発表した40周年記念アルバムが「イッツ・ビーン・ア・ロング・ロング・タイム」になるとは、想像すらかなわないころである。

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1461文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 「不安乗り越えられた」宮原、手応えの6位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです