メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港返還20年

リレー寄稿/1 変貌した「1国2制度」=金子秀敏・客員編集委員(元香港支局長)

 <Hong Kong 20年>

 20年前、英国植民地から中国に復帰するカウントダウンが始まった香港は不安に包まれていた。所詮香港は「借り物の場所、借り物の時間」だという、映画「慕情」の原作者、ハン・スーインの言葉がよく引用された。

 当時、香港の人々の希望は最高指導者、トウ小平氏が約束した50年間の「1国2制度」と1989年に起きた民主化運動「天安門事件」のなまなましい記憶だった。だが、「競馬もナイトクラブもそのままでよい」と言ったトウ氏は7月1日の返還式典を待たず、その年の2月死去した。その日、ビクトリア湾を往来する汽船が一斉に弔意の汽笛を鳴らしたのが泣き声のように聞こえた。

 毎年6月4日、ビクトリア公園には香港の民主派勢力が集まり天安門事件の追悼会を開く。「1国2制度」の…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文918文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです