メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

翻訳者・瀬田貞二の評伝 荒木田隆子さん

荒木田隆子さん

名訳誕生の土台を紹介 荒木田隆子さん(74)

 長編ファンタジー「ナルニア国ものがたり」や絵本「三びきのやぎのがらがらどん」などの翻訳で知られる児童文学者、瀬田貞二(1916~79年)の仕事についてまとめた「子どもの本のよあけ 瀬田貞二伝」(福音館書店)が1月に刊行された。著者で晩年の瀬田の担当編集者を務めた荒木田隆子さん(74)に、瀬田の翻訳の魅力や児童文学への関わりについて聞いた。【聞き手・塩田彩】

 子どもの本の翻訳者として有名な瀬田先生ですが、実は児童百科事典の編集や昔の子どもの文化について書か…

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1135文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. KYB 免震装置986件で不正 検査データ改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです