メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

翻訳者・瀬田貞二の評伝 荒木田隆子さん

荒木田隆子さん

名訳誕生の土台を紹介 荒木田隆子さん(74)

 長編ファンタジー「ナルニア国ものがたり」や絵本「三びきのやぎのがらがらどん」などの翻訳で知られる児童文学者、瀬田貞二(1916~79年)の仕事についてまとめた「子どもの本のよあけ 瀬田貞二伝」(福音館書店)が1月に刊行された。著者で晩年の瀬田の担当編集者を務めた荒木田隆子さん(74)に、瀬田の翻訳の魅力や児童文学への関わりについて聞いた。【聞き手・塩田彩】

 子どもの本の翻訳者として有名な瀬田先生ですが、実は児童百科事典の編集や昔の子どもの文化について書か…

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1135文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]