メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

フットサルで悲劇…PKを胸でストップした12歳の少年GKが死亡

情報提供:サッカーキング

フットサルで悲劇が起きしてしまった [写真]=Getty Images
 フットサルをプレーしていた12歳のGKが、PKを胸で止めた後に亡くなった。スペイン紙『El Espanol』が伝えている。

 この事故はスペインのヒネスという街で、24日に起きたという。

 少年はPKを胸で止めた後に倒れ込み、心肺停止となってしまったようだ。その後病院へと搬送されたものの、50分後に死亡が確認されたと報じられている。

 なお、サッカーの場合、PKはゴールから約11メートルの位置からキックを行うが、フットサルの場合には6メートルの位置から行う。また、ボールはサッカーで使用するものよりも小さく、弾みにくい作りになっている。

(記事提供:Qoly)

【関連記事】
【インタビュー】Fリーグでも総選挙を!? 48グループを卒業した宮澤佐江がフットボールシーンを盛り上げる
●東京V、“皇帝”トッティとの交渉は進展なし…給料面で折り合いつかず
●引退のランパード、さっそく監督に? 英3部クラブが就任を打診か
●『フェイスブック』で来季CLが視聴可能に…『フォックススポーツ』がアメリカ国内で実施

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  5. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです