メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デフリンピック

2選手意気込み 江戸川区長訪問 /東京

デフリンピックのロゴマークを手で表す茨選手(左)と高岡選手=江戸川区役所で

 聴覚障害のあるスポーツ選手の祭典「夏季デフリンピック」に出場する、水泳の茨隆太郎選手(23)と卓球の高岡里吏選手(24)が29日、江戸川区役所を訪れた。多田正見区長は手話を交えて激励し、2人は「金メダルを目標に頑張る」と意気込みを見せた。夏季デフリンピックは4年に1回開かれ、7月18日にトルコで開幕する。

 茨選手は過去2大会に出場し、前回2013年のブルガリア大会で日本人最多となる計5個のメダルを獲得し…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文408文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]